安否確認のメリット

安否確認システムの説明

安否確認システムとは、災害の際に家族の安否を確認するためのシステムです。会社でも社員の確認のためにも利用されています。1995年の阪神・淡路大震災がきっかけで開発されたシステムです。震災のとき管理者が自身の手で確認するのは困難ということで地震に連動してメールで安否確認が出来ます。携帯電会社が地震を知らせる行為もこの安否確認システムです。 現在でも「従業員の一斉帰宅抑制」を求める条例が東京にあり、安否確認システムを提供する業者はまだまだ発展すると考えられる。 システムとして、全社員のメール一斉送信や一斉メールの地震連動送信、利用者の登録機能でメールを受け取った人が自身の安否を報告する機能、情報集計機能があります。

十分気を付けなければいけないこと

一斉送信なので、たとえ返信が来たとしても集計出来ない場合に安否確認システムが必要なのです。どんな場所にいても、インターネットがつながっている携帯電話があれば返信できます。 災害の際に気を付けなければいけないのは、会社の判断を聞かずに自分の考えだけで行動してしまうことです。そうしてしまうと、一斉に帰宅する人が溢れ交通機関が麻痺してしまいます。必ず、上司の判断を聞いてから行動しましょう。 システムを運用する立場として見ると、安否確認システムは災害の際に必要なサポートとサービスを備えています。しかし、いざというときに効果を発揮するためには、定期的にメンテナンスをしなくてはなりません。会社が複雑な設定をするとしても運用に合わせた設計が可能です。